和魂洋才型経営の
先にあるもの

Our Strategy

|||

|||

中長期的な視点で成長を目指す

新日本科学PPDは、売上や利益目標ではなく、顧客に質の高い成果物を提供することを第一目標に、強固な事業基盤を構築しています。

|||

|||

グローバルCROと
ローカルCROの融合

当社は、国内における臨床開発に豊富な知識と経験を有する「新日本科学」と、全世界46カ国に開発拠点を有しグローバル開発を展開している「PPD」との合弁会社として2015年にスタートしました。 その両者の結びつきによって生まれた当社は、’内資と外資の両方の特徴を有している’ことを強みとしています。

両者の知識と経験を融合させることで、グローバル試験・ローカル試験どちらのタイプの試験においても高品質のサービスを提供することができます。

PPDグループ全体の従業員数

  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
  • PPDグループ全体の従業員数
APPROXIMATELY
0
EMPLOYEES

|||

Single Accountability
モデル採用

日本国内においてグローバル臨床試験を実施するためには、世界と日本のルールの違いを認識することが必要です。当社は、20年以上のローカル試験で培ったノウハウを基に、グローバル試験の日本パートも日本の環境に適した形で実施することができます。これにより、日本の顧客、特に病院の先生方やスタッフの方々からも高い信頼を得ています。国内外の顧客から多くの新規ビジネスの機会を頂いており、2015年以降着実に成長を遂げています。

PPDグループ全世界の拠点数

Single Accountabilityモデル採用
IN0COUNTRIES
IN0OFFICES

|||

社内ファンクションの充実

製薬会社と同等レベルのファクションを有しており、各ファンクションを20年以上のローカル試験で培ったノウハウを有するリーダーが率いています。それぞれのファンクションの専門性を融合することで、第Ⅰ~Ⅳ相試験まで臨床開発業務にフォーカスすることができます。社内でのジョブローテーションも可能です。

また、IT導入による業務の効率化も図っていることから、ITやシステム面に精通したCRA数人を、治験のシステムコンサルタントとして任命しているほか、社内の業務プロセスの改善や、生産性向上に向けて活動しているProcess Optimization部門などを設置しています。

  • ファンクション
  • Clinical Team Manager
  • Clinical Research Associate
  • Quality Control
  • Remote Site Monitor
  • Project Assistant
  • Data Management
  • 統計解析
  • メディカルライティング
  • Regulatory Affairs(薬事)
  • Process Optimization
  • Pharmacovigilance
  • 監査
  • 教育研修
  • Clinical Operational Consultant
  • Quality Management
  • Site Intelligence and Activation
  • クリニカルサプライ

|||

日本で最も信頼されるCROに

顧客(製薬会社、病院)から高い評価を得ていることに加え、今までに査察や監査において重大な指摘を受けていないことが、結果として多くの案件受託に繋がっています。これまでは、海外の大手製薬企業の国際共同治験をPPDが受託し、新日本科学PPDが日本パートを担当するというビジネスモデルが主体でしたが、ここ数年は、日本法人を持たない海外のバイオベンチャーからの受託も急激に増加しています。

PPDのグローバルネットワークを活用し、日本国内だけではなく世界各国の製薬メーカーが開発している新薬に携わることができます。さらに、大手製薬メーカー10社以上とパートナーシップ契約を締結しており、今後さらなる市場拡大が見込まれています。

過去5年間の受託実績として、悪性腫瘍や中枢神経系疾患、循環器系疾患、代謝・内分泌系疾患等、領域を限定することなく幅広い領域の試験を受託しています。特に、がん領域のグローバル試験が増加傾向にあります。

グラフ

Oncology
40%

Hematology
11%

Infectious
Disease
9%

Gastrointestina
7%

Cardiovascular
6%

Neurology
6%

Endcorinology/
Metablic
5%

Immunolgy
4%

Pain
2%

Ophthalmology 2%

Dermatology 1%

Muscoskeletal 1%

Respiratory 1%

Women’s Health 1%

Other 2%

過去5年間の
受託疾患領域