ダイバーシティ推進について

Diversity

世界46カ国に広がる、
約23,000人の
PPDネッワーク。
多種多様な人材を受け入れ、
組織と共に
社員の成長も尊重する会社

|||

様々なバックグラウンド

|||

様々なバックグラウンド

新日本科学PPDは海外の人材も採用しており、海外大学出身者も多く在籍しています。
また、社員の専門分野は薬学にとどまらず、生命科学、工学、心理学など多種多様です。個性豊かな社員がそれぞれの強みを活かし、活躍しています。

新日本科学PPDは海外の人材も採用しており、海外大学出身者も多く在籍しています。
また、社員の専門分野は薬学にとどまらず、生命科学、工学、心理学など多種多様です。個性豊かな社員がそれぞれの強みを活かし、活躍しています。

様々なバックグラウンド

|||

Forbesも認める会社

|||

Forbesも認める会社

アメリカを代表する経済誌、「Forbes」のAmerica’s Best Employers for Diversity 2019年度にPPDがランクインしました。

アメリカを代表する経済誌、「Forbes」のAmerica’s Best Employers for Diversity 2019年度にPPDがランクインしました。

Forbesも認める会社

|||

働いてみたい注目成長企業

|||

働いてみたい注目成長企業

Randstad Japan が行った首都圏在住の7,000人を対象とした調査において、新日本科学PPDは「働いてみたい注目成長企業2019」のトップ5にランクインしました。

Randstad Japan が行った首都圏在住の7,000人を対象とした調査において、新日本科学PPDは「働いてみたい注目成長企業2019」のトップ5にランクインしました。

働いてみたい注目成長企業

|||

福利厚生

|||

福利厚生

ワークライフバランス
-フレックス制度
  コアタイムは11:00~16:00で、社員それぞれが自分に合った働き方をすることが可能です。
-在宅・時短制度
各社員へパソコンや携帯が貸与されるため、在宅や時短での勤務も可能です。
-産休・育休・介護休暇制度
内勤で、CRA業務ができるポジション(RSM)を作るなど、復帰後も働きやすい環境が整っています。
-全国会員制施設の利用
会員制福利厚生サービスにより、登録されている全国の施設や様々なサービスが利用できます。

ワークライフバランス
-フレックス制度
コアタイムは11:00~16:00で、社員それぞれが自分に合った働き方をすることが可能です。
-在宅・時短制度
各社員へパソコンや携帯が貸与されるため、在宅や時短での勤務も可能です。
-産休・育休・介護休暇制度
内勤で、CRA業務ができるポジション(RSM)を作るなど、復帰後も働きやすい環境が整っています。
-全国会員制施設の利用
会員制福利厚生サービスにより、登録されている全国の施設や様々なサービスが利用できます。

福利厚生

|||

健康支援

|||

健康支援

-健康診断、人間ドック
-インフルエンザ予防接種
希望者は毎年予防接種を受けることができます。扶養家族も健康保険組合の補助金対象です。
薬を安く購入することや、メンタルヘルスサポートを受けることができます。

-健康診断、人間ドック
-インフルエンザ予防接種
希望者は毎年予防接種を受けることができます。扶養家族も健康保険組合の補助金対象です。
薬を安く購入することや、メンタルヘルスサポートを受けることができます。

健康支援

数字で見る
新日本科学PPDの福利厚生

2018年度現在

  • 育休・産休取得率

    アイコン
    0%
  • 育休・産休復帰率 アイコン
    0%

  • 有給取得率 アイコン
    0%
  • 女性管理職率

    アイコン
    0%

全社員数

矢印
  • 女性管理職率

    アイコン
    0%

  • 男女比

    アイコン

    男女比

    00

  • 男女比

    アイコン

    男女比

    00
  • 平均残業時間(月)

    アイコン
    0h

  • 定着率 アイコン
    0%
  • 年間休日日数 アイコン
    0日以上